さあ、今を生きよう!

本気で夢を追いかけて、叶えるまでのプロセスを記録。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しました!

☟応援クリックお願いしますm(__)m☟


にほんブログ村

自責と他責

先ほどテレビで

日本のサラリーマンは守られている?

というテーマで討論していました。




このテーマに関しては人それぞれ色んな見方があると思いますが、少し自分が感じたことを。




日本のサラリーマンは守られているから、もっと企業側に選択肢を与えようという法案についての議論でした。




あなたはクビです。

50万円あげるから、辞めてもらいます。



と言われたらどうしますか?




私は悔しいなって思いながらも、辞めると思います。




そもそも、給料は会社にとってはコストであり、減らすことが出来るのであれば減らしたいもの。




特に、会社に貢献していない従業員に給料を払うのは会社にとってはマイナスでしかない。





安定した給料を貰い続けたいのであれば、しっかりと会社に貢献しようという想いで働かなければいけませんよね。






会社に貢献していない人に払う給料は、会社からしたら無駄なものです。





家計に例えたら分かりやすいですよね。




毎月勝手に口座からお金がひかれていたら嫌ですよね。

そのお金が自分にとって何もメリットを与えてくれていないのであれば。



当然、ひかれないように対処すると思います。




それと同じことを企業にもする権利があっても良いのではないか、私はそう思います。






そもそも、自らの意思で会社に勤め、お金をもらっているのだから、そのお金がもらえなくなったとしても文句は言えないと思っています。




リストラされる可能性なんか誰にでもあるし、どんな会社であっても今の時代ありえると思います。




それを理解しているのであれば、リストラされた際どうするのか?


そこまで考えて行動する必要があるのではないかなと思います。



義務を果たしていないのに、権利ばかり主張するのはどうなんかなー。






自分の人生くらい、自分で責任を持って生きるべき。



他人の責任にするほどカッコ悪いことないと思うんだよね。





自責と他責。





私は自分の人生くらい自分で責任を取ります。


他人の人生に対しても責任を持っていきます。






あー、カッコ良い男になろー。


ブログランキングに参加しました!

☟応援クリックお願いしますm(__)m☟


にほんブログ村