読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さあ、今を生きよう!

本気で夢を追いかけて、叶えるまでのプロセスを記録。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しました!

☟応援クリックお願いしますm(__)m☟


にほんブログ村

人って期待をされた方が成長すると思い調べてみた。

会社に勤めていた時、上司に数字についてつめられまくれ、怒られまくれ、やる気がそがれたことがありました。

かたや、出来る先輩は自分に期待をしてくれて、

「お前ならできる。期待してるぞ。」と、言い続けてくれる先輩がいて、

何とかこの人の期待に応えたいなって頑張れた経験もあります。

 

そんな経験から、周りの人たちにはなるべく期待を言葉にして伝えることを意識していました。

 

そこで、

人って期待をされると成長するんじゃないかなって思い、科学的に証明されていないのか少し調べてみました。

 

ピグマリオン効果

ピグマリオン効果は、1964年に米国の教育心理学者ロバート・ローゼンタールによって提唱された「人間は期待された通りの成果を出す傾向がある」という主張。

 

興味深い実験結果があった。

ある実験で、「成績の優秀な生徒達を集めたクラス」と「成績の悪い生徒達を集めたクラス」を作り、それぞれのクラスの担任に逆のことを言ってクラスを担当させます。

 

つまり、「成績の良い生徒のクラス」の担任には「あなたが担当するクラスは成績の悪い生徒のクラス」だと告げ、「成績の悪い生徒のクラス」の担任には「あなたの担当するクラスは成績の良い生徒のクラス」だと告げて、それぞれクラスを担当させるという実験です。

 

その結果、「もともと成績の良かった生徒達のクラス」の成績は下がり、「もともと成績の悪かった生徒達のクラス」の成績は上がりました。

 

このことから、期待と成果の相関関係について、「人は期待されたとおりの成果を出す傾向がある」という結論が導かれました。

生徒たちは自分にかけられる期待を敏感に感じて「やる気」を出して勉強に励んだり、「やる気」を失ったりしていたわけです。

 

口だけの期待ではなく、偽りのない期待を口にする。

「君たちは優秀な生徒だ。成績はもっと伸びる。」と応援してもらった生徒と、「お前たちは落ちこぼれだ。どうせ次のテストもダメだろう。」などと諦められた生徒ではモチベーションも成績も大きく違ってくるのは当然のことでしょう。

 

上記の実験では、担任の言動にここまで大きな差はなかったと思われますが、生徒はこういったメッセージを受け取ったのでしょう。

 

コミュニケーションにおいては、「言葉以外の非言語な要素で話し手の93%の印象が決まってしまう」と言われています。
言葉よりもそれ以外(表情、しぐさ、視線、声の質、テンポなど)の部分により大きな影響を受けるということです。

 

成績を上げた生徒たちは担任の言葉だけでなく態度からも嘘のない期待を読み取り、それに動かされた。

逆に成績を下げた生徒たちは、担任の言葉や態度からあまり期待されていないことを読み取った。そしてモチベーションとともに成績を下げたのでしょう。

 

自分自身の何気ない発言や行動が周りに影響を与えていることを理解する。

自分の周りを伸ばすも、自分の周りを悪くしていくも、自身の発言や行動が影響を与えています。

自分自身が伸びていきたいのであれば、周りを伸ばし、その人たちからいい影響を受けた方が良い。

 

自身の行動を見直そう。

周りにプラスを与えて、自分もプラスを受け取れるように。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!

☟応援クリックお願いしますm(__)m☟


にほんブログ村